プラスコラム
PLUS COLUMN

【New】ストレッチで体をしなやかに

体の柔軟性には個人差があるようですが、年齢とともに体が硬くなったと感じる人も多いのではないでしょう?

ストレッチで縮こまった体をほぐしてみませんか?

 

体が硬い原因は?

体が柔軟でしなやかな人は、若々しい印象がありますね。

筋肉や腱、関節などの運動器は、決まった範囲だけでしか動かしていないと、その範囲以上は動かなくなってくるのだそうです。

年とともに体の柔軟性が失われていくのは、加齢のせいというより、筋肉などの運動器を十分に使わなくなったことが原因の1つのようです。

 

手軽にできるストレッチのすすめ

そこでおすすめしたいのが、体の柔軟性を高め、関節などの可動域を広げていくストレッチ。

ストレッチで筋肉のコリをほぐすと、血液循環がよくなって、肩こりや冷え性などの改善効果も期待できるそうです。

なにより、 オフィスでも自宅でも手軽にできることも魅力の1つですね。

 

じっくりジワジワ行うのがポイント

いつでも思いたったときに行えるストレッチですが、より効果的に行うのなら、お風呂上りなど体があたたまっているときがベストだそうです。

また、ストレッチを行うときは、反動をつけないことが大事だとか。

反動をつけて急激に筋肉を伸ばそうとすると、反射的に筋肉が収縮してかえって逆効果になるといわれています。

静かにジワジワゆっくり行って、気持ちのよい程度に筋肉を伸ばしていくことが大事なポイントのようです。

 

リラクゼーション効果も期待できる

ストレッチは、体の柔軟性を高めるだけでなく、リラクゼーション効果があることもあきらかになってきたそうです。

オフィスの休み時間や自宅で毎日少しずつ行って、いつまでもしなやかな体をキープしたいものですね。

 

<参考図書>

*「更年期障害 これで安心」(小学館:掘口雅子監修)

 

<参考URL>

E-ヘルスネット「ストレッチングの効果」(厚生労働省)

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-04-006.html

プロフィール

医療ライター
中出 三重

株式会社エム・シー・プレス勤務(医療ライター・編集者)

*出版社勤務、フリー編集者を経て、企画・編集室/株式会社エム・シー・プレス勤務。

*女性を取り巻く医療と健康、妊娠・出産・育児の他、予防医学、治療医学などを中心に、多くの単行本を企画・編集・執筆。

*楽しく食べること、おいしく飲むことをこよなく愛する。休日の楽しみは公園ごはんと街歩き。