プラスコラム
PLUS COLUMN

【New】ご存知でしたか? 男性にもある「更年期」

働き盛りの中高年男性にあらわれる心身の不調は、「男性更年期」が原因であることも。

最近、疲れやすさや性欲の減退が気になるなどということはありませんか?

 

男性にも訪れる「更年期」

少しずつ知られてきたとはいえ、まだまだ知らない人が多い男性更年期。

ご存知でしたか?

更年期は女性だけのものと思っている人も多いかもしれませんが、女性と同様に男性にも更年期が訪れます。

 

男性更年期がわかりにくい理由

男性の性ホルモンの減少は、女性に性ホルモンに比べると非常にゆるやかなのだそうです。

そのため、女性の更年期のように強い症状があらわれにくいといわれています。

加えて、男性の場合、生殖機能が終わる年齢も個人差がかなり大きく、女性の「閉経」のようなはっきりしたサインがありません。そのため、不調が出てきても更年期と気づかずに、がまんしてしまう男性が少なくないようです。

 

キーワードは「テストステロン」

男性ホルモンの主役は、テストステロン。もっとも作用が強く、男性らしさを司るホルモンだといわれています。

男性は、40歳を過ぎることからこのテストステロンの分泌が徐々に減っていくことが知られています。

男性更年期は、この男性ホルモン・テストステロンの減少で引き起こされるといわれています。

 

倦怠感や不安、憂うつ、性欲の減退など

では、どんな症状が出てくるのでしょうか? 

よくいわれる体の症状は疲労・倦怠感や発汗、ほてり、関節痛、筋肉痛、動悸などの不定愁訴といわれるもの。

また、不安やイライラ、憂うつ、自信喪失などのこころの不調、さらに性欲の減退やEDといった性的な変化もあらわれてくるといわれています。

働き盛りの世代は、職場での責任も重くなって今まで以上にストレスがかかりがち。

加えて喫煙や過度のアルコール、睡眠不足などが加わると、更年期症状が重くなりがちだといわれています。

 

体調の変化をそのままにせず、一度は受診を

心や体にさまざまな不調がでてきても、男性の場合、「疲れのせいだろう」と症状をやり過ごしてしまったり、「面倒くさい」と受診しない傾向があるようです。

でも、働き盛りの世代は、高血圧や糖尿病など生活習慣病も増えてくるころ。

疲れやだるさが糖尿病の症状であることもあります。

 

40代以降は、男性も女性と同じように体の変化が気になる年頃です。

男性更年期外来を設ける医療機関も増えてきましたので、ちょっとした体調の変化を感じたら、気軽に相談してみてはどうですか?

 

<参考資料>

*「予防と健康の事典」(小学館)

 

*「なぜ一流の男は精力が強いのか?」(経済界)

プロフィール

医療ライター
中出 三重

株式会社エム・シー・プレス勤務(医療ライター・編集者)

*出版社勤務、フリー編集者を経て、企画・編集室/株式会社エム・シー・プレス勤務。

*女性を取り巻く医療と健康、妊娠・出産・育児の他、予防医学、治療医学などを中心に、多くの単行本を企画・編集・執筆。

*楽しく食べること、おいしく飲むことをこよなく愛する。休日の楽しみは公園ごはんと街歩き。