• お問い合わせ
  • 文字サイズsml

プラスコラム
PLUS COLUMN

【New】冷えるとなぜトイレが近くなるのか?

寒くなると、気になるのがトイレの回数。冷えとトイレの関係について調べてみました。

 

冬に気になるトイレの回数

さっき行ったばかりなのに、またトイレに行きたくなってしまう……。

一人のときはいいけれど、恋人や友人と一緒にいるときは、なんだかバツが悪い思いをしますよね。

ふだんはそれほど気にならないのに、寒くなると頻尿が気になる人も多いのではないでしょうか。

でもなぜ冷えると、トイレが近くなるのでしょう。

原因の1つに、寒さで尿量が増えてしまうことにあるようです。

 

冬に尿量が増えるワケ

そもそもおしっことは、血液が腎臓で濾過(ろか)されてできるもの。

腎臓は体内でできた老廃物や不必要なものを尿として排出しているそうです。

一般的に、気温が高い夏は汗をたくさんかくので、尿にまわる水分量が少なくなるそうです。

そこで、体からたくさんの水分が出ていかないようにおしっこの回数が少なくなるといわれています。

一方、寒い冬はほとんど汗が出ません。

夏に比べると体から失われる水分が極端に減ります。

したがって、体内で余った水分はすべておしっことなり出ていきますから、尿量が増えてトイレに行きたいと感じやすくなるそうです。

 

十分溜っていなくても尿意が

もうひとつは、膀胱の問題も。

寒くなると、体の筋肉が縮みますが、膀胱の筋肉も寒さで縮みやすくなって、おしっこがあまり溜っていなくても、尿意を感じてトイレに行きたくなってしまうそうです。

 

排尿後の体の反応には諸説あり

ところで、排尿後に体がぶるっと震えてしまうのは、なぜか。

これについては、 尿を出したことにより体温が失われるために、身震いをして体温をあげているという説や膀胱をゆるめたり締めたりするときの神経の制御が関係しているのではないかなど諸説あるようですが、まだはっきりとした結論は出ていないようです。

 

下半身をあたためよう

いずれにしても、体が冷えるとトイレが近くなるのは、自然な生理現象でもあるようです。

気になるときは、腹巻や使い捨てカイロを使って、おなかや腰回りをあたためるのも一法のようです。

 

<参考URL>

*「疑問氷解 寒いとおしっこが近くなる」(毎日小学生新聞 2018年1月8日)

https://mainichi.jp/articles/20180108/kei/00s/00s/013000c

 

*「ざっくりマンデー/ざっくり30」(TBS 2009年12月8日放映)

http://www.tbs.co.jp/zakkuri-monday/backnumber/20091208_z30.html

プロフィール

医療ライター
中出 三重

株式会社エム・シー・プレス勤務(医療ライター・編集者)

*出版社勤務、フリー編集者を経て、企画・編集室/株式会社エム・シー・プレス勤務。

*女性を取り巻く医療と健康、妊娠・出産・育児の他、予防医学、治療医学などを中心に、多くの単行本を企画・編集・執筆。

*楽しく食べること、おいしく飲むことをこよなく愛する。休日の楽しみは公園ごはんと街歩き。

関連キーワード