プラスコラム
PLUS COLUMN

【New】暑い季節は、金属アレルギーに気をつけて

夏に増える皮膚のトラブルにアクセサリーによって起こる金属アレルギーがあるそうです。

あなたは大丈夫?

 

アクセサリーによるかぶれ

これまでなんともなかったのに、夏になったらピアスやネックレスなどにかぶれるようになったという人がいます。

それはもしかしたら金属アレルギーかもしれません。

 

夏に発症する人が多い

夏は、汗が引き金となって金属アレルギーが起こりやすいといわれています。

汗によってアクセサリーの金属から溶け出した「金属イオン」が、皮膚のたんぱく質と結合すると、体の免疫反応が異物とみなしてアレルギー反応が起こってしまうそうなのです。

これが金属アレルギーといわれるものです。 

 

金属アレルギーを起こしやすい代表的なものがニッケル

アレルギー反応が起こりやすい金属はニッケル、クロム、スズ、水銀、コバルト、銅などさまざまです。

中でもニッケルは金属アレルギーを起こしやすい金属として知られているそうです。

ニッケルは加工しやすくさびにくく、しかも安価なので、アクセサリー類や時計のバンド、メガネのフレーム等にも含まれているそうです。
 

気づいたら、アクセサリーを外して皮膚科へ

もし、アクセサリーをつけている部分がかゆくなったり赤くかぶれたりする場合は、金属アレルギーを疑ったほうがよさそうです。

こんなときは、放置してはダメ。

そのままアクセサリーをそのまま使い続けていると、症状はさらに悪化してくるといわれています。

アクセサリーを外して皮膚科を受診することをおすすめします。

それがたとえ、お気に入りのアクセサリーであっても、使わないのが賢明のようです。

 

ピアスとネックレスは要注意

金属アレルギーを防ぐには、同じアクセサリーを長時間身につけ続けないこと。汗をかいたときにはこまめにふき取ることが大事だといいます。

運動をするときや高温で汗をかきやすいときには、アクセサリーははずしていたほうがよさそうです。

とくに、ピアスとネックレスは金属アレルギーを起こしやすいと言われているので、注意が必要です。

 

アレルギーを起こしにくい金属

ところで、一般的に純度の高い金やプラチナなどイオン化傾向の低いものは、アレルギーを起こしにくいとされています。

しかし、たとえば18金などアクセサリーとして加工されているものは、強度をもたせるためや加工しやすさから、他の金属が混ざっている可能性があるため、金属アレルギーを起しやすくなってしまうことあるそうです。

 

皮膚科で原因物質を調べてもらう

人によってアレルギーを起こす金属は違うそうです。

金属アレルギーが疑わしいという人は、皮膚科で検査を受け、アレルギーを引き起こす原因となる金属を特定してもらうのも今後の予防法の1つにつながります。

原因物質を知っていれば、アクセサリー購入時に素材を確認して、自分にあった金属を身につけることができます。

 

化粧品や詰め物などでも起こることが

ところで、金属アレルギーの原因になるのはアクセサリー類に限りません。

歯科治療の詰めもの・被せもの、それから化粧品にも金属に由来する成分が含まれているため金属アレルギーが起こるといわれています。

金属アレルギーは、誰でも起こる可能性のある皮膚トラブルといえるでしょう。

 

 

<参考資料>

*家庭医学大事典(小学館)

 

<参考URL>

*日本ジュエリー協会

http://www.jja.ne.jp/howtobuy/howtobuy_inner06.html

 

*金属アレルギーについて(金属アレルギー協会)

https://www.metallicallergy.or.jp/basic_info/

プロフィール

医療ライター
中出 三重

株式会社エム・シー・プレス勤務(医療ライター・編集者)

*出版社勤務、フリー編集者を経て、企画・編集室/株式会社エム・シー・プレス勤務。

*女性を取り巻く医療と健康、妊娠・出産・育児の他、予防医学、治療医学などを中心に、多くの単行本を企画・編集・執筆。

*楽しく食べること、おいしく飲むことをこよなく愛する。休日の楽しみは公園ごはんと街歩き。