プラスコラム
PLUS COLUMN

笑うだけで健康で幸福になるのは、本当か?

大阪国際がんセンターが「笑いはがんに効く?」かどうかについて、吉本興業などとタッグを組み実証実験をすることになったらしいです。

「笑い」が健康に効果を及ぼすらしいことは以前からいわれていたのですが、がん患者を対象にした長期の研究はめずらしいとのことです。

そんなわけで、いまでもよくいわれている「笑いと健康効果」についてまとめてみました。

 

「笑い」が免疫力をアップさせ、がんを退ける?

NK細胞という名前を聞いたことありませんか? 

ナチュラルキラー(NK)細胞といって体に有害なウイルスやがん細胞などを退治するリンパ球の一種なのですが、「笑い」はこのNK細胞を活性化させて、がん細胞や有害なウイルスなどを攻撃して撃破、体の免疫力を高めているそうです。

逆に不安や悲しみ、怒りやストレスなどのマイナスの感情は、NK細胞のはたらきを鈍くさせるために、免疫力がダウンしてしまうそうです。

風邪をひきやすくなったり病気にかかりやすくなってしまうというわけですね。

ちなみに私たちの体は毎日、健康な人でも3000〜5000個ものがん細胞を生んでいるそうです。

これらのがん細胞を退治するのがNK細胞などの免疫細胞なのだそうです。

人間の体内には約50億個ものNK細胞があるらしいですよ。

 

「笑い」は脳力アップ、血圧の低下など、多くの効用が?

笑うことで脳の血流量が増えるために脳のはたらきが活発になります。

また、脳内のα波が増えるので、脳がリラックス状態になり、脳のリフレッシュができます。

さらに記憶にかかわる海馬という脳の器官が、笑うことでその容量を増やし、記憶力がアップするといわれます。

 

他にも、「笑い」は血圧を下げる効果もあるといわれます。

自律神経には、興奮やストレスがかかると優位になる交感神経と、リラックスモードの副交感神経がありますが、笑うことで、副交感神経が優位になり血圧が下がるということです。

 

血糖値を下げる効果も「笑い」にはあるらしいです。

東京家政大学の大西淳之准教授と筑波大学村上和雄名誉教授らとの共同研究によると、糖尿病の患者さんの食後血糖値の上昇が漫才を聞いて大笑いしたあと計ってみると低く抑えられたということです。

糖尿病の患者さん向けに漫才のDVDを貸し出している病院もあるそうです。

 

他にも「笑い」の効能はいろいろあります。

ストレスに強くなるといわれます。

日ごろから笑うことで恐怖の記憶が薄らぎ、ストレスが緩和されるらしいです。

 

血行促進や冷えの解消などもあげられます。

笑うと腹式呼吸のような呼吸法になり、空気を体内にたくさん取り込むので血の巡りや新陳代謝が活発になるのだそうです。

また、思いっきり笑うと筋肉と横隔膜を大いに動かすことになり、血流がよくなって手足の冷えが解消されるようです。

 

痛みが和らぐ鎮痛作用も「笑い」にはあるそうです。βエンドルフィンという神経伝達物質が笑うことで分泌されるらしいのですが、このβエンドルフィンは脳内麻薬ともいわれ、モルヒネ以上の鎮痛効果を発揮するといわれます。

またβエンドルフィンは幸福ホルモンとも呼ばれ、笑うと大きな幸福感に包まれるような感覚になります。

 

「つくり笑い」でも本物の笑いと同じ効果がある?

「笑う門には福来る」とか「笑いは副作用のない薬」などとよくいわれます。

残念ながら年齢とともに笑う回数は激減していきます。

子どもが1日に笑う回数は約400回に対して、成人女性が1日に笑う回数はわずか13回という調査もあります。

40代以上の男性で週に1回も笑わない人が5人に1人以上という調査もあります。

 

あなたは最近、笑いましたか? 

笑う回数が多いほど幸福感が増すといわれます。

「幸福だから笑うのではない。むしろ、笑うから幸福なのだ」(幸福論)とはフランスの哲学者アランの言葉。

笑う門には……」のフランス版ですね。

 

ちなみに本気で笑わなくても「つくり笑顔」でも効果があるそうです。

口角をあげてニッと笑顔をつくるだけで、脳は笑っていると錯覚するらしいのです。

 

とても笑える心境じゃないときでも、この「つくり笑顔」を実践して心を快状態して気分をほぐしてはどうでしょう。

笑いは伝染するともいわれますから、笑い袋を利用したり、笑い声だけを録音したCDなどを聴くのもいいかもしれません。

あなたの笑顔が周囲を巻き込んで、たくさんの大きな笑顔になるといいですね。

 

<参考URL>

*「“笑い”がもたらす健康効果」(沢井製薬(株))

http://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/illness/200908.html

 

*「笑う角には福来る“笑い”のびっくりパワー」(養命酒製造(株))

http://www.yomeishu.co.jp/genkigenki/feature/121225/

 

*「笑いは究極のバイタリティー!」(養命酒製造(株))

http://www.yomeishu.co.jp/genkigenki/trivia/121225/

 

* 「『笑うと健康になる』を遺伝子レベルで検証する」(日経電子版)

http://style.nikkei.com/article/DGXMZO83094230S5A210C1000000

プロフィール

中出 三重
医療ライター
中出 三重

株式会社エム・シー・プレス勤務(医療ライター・編集者)

*出版社勤務、フリー編集者を経て、企画・編集室/株式会社エム・シー・プレス勤務。

*女性を取り巻く医療と健康、妊娠・出産・育児の他、予防医学、治療医学などを中心に、多くの単行本を企画・編集・執筆。

*楽しく食べること、おいしく飲むことをこよなく愛する。休日の楽しみは公園ごはんと街歩き。