プラスコラム
PLUS COLUMN

太る原因は、なんと「眠りの質」にあった!

BMIが高い人は気を付けて!

食事に気をつけて、ちゃんと運動もしている。それなのにいっこうにやせない――そんなあなたはもしかしたら、睡眠に問題があるのかもしれません。

 

よい眠りがとれていないと、太っていく

眠っても疲れがとれない、気持ちよく目覚めたためしがない……5人の1人が睡眠障害に悩まされているといわれる時代。あなたの眠りは大丈夫ですか。

実はよい睡眠がとれない人は太るといわれています。でも、眠りとダイエットにどんな関係あるのでしょうか?

そのカギを握るのが、成長ホルモンといわれるもの。

文字通り、子どもの成長には欠かせない大事なホルモンですが、成長期を過ぎても一生を通じて分泌されていて、骨を強めたり、筋肉を増やしたり、脂肪を落とすといった大事な働きがあるのです。

その成長ホルモンが分泌されるのは、空腹時や睡眠中。睡眠中の場合は、眠っていれば分泌されるわけではなく、「就寝後初めてのノンレム睡眠(深い眠り)」のときに分泌されるそうです。つまり、よい眠りをとれていれば、成長ホルモンがしっかり分泌されて、脂肪代謝を促してくれるというわけ。

反対にしっかり眠れていないと成長ホルモンの分泌は70%も減るといわれています。きちんと睡眠がとれていない人は成長ホルモン減少の影響だけでも基礎代謝が100~160キロカロリー低下しているそうなのです。

いくらダイエットに励んでいても、よい睡眠がとれていなければ基礎代謝が低下して、それだけ脂肪が体内に蓄積する結果となるのです。

   

「寝不足だとジャンクフードを食べたくなる」は医学的にも証明されている

もうひとつ、眠りとダイエットに関しては、海外で興味深い研究報告があります。

たとえば、米・コロンビア大学が行った調査では、睡眠時間が7~9時間の人に比べ、4時間以下の人は肥満率が73%も高く、5時間の人は肥満率が 50%も高いことがわかっています。これには、体内で分泌されるグレリン、レプチンといったホルモンの分泌が大きくかかわっています。レプチンは満腹を感 じるホルモン、グレリンは食欲を増進するホルモンです。また、また、睡眠時間が短い人ほど、甘いものやジャンクフードへの飢餓感が強まることもわかってい ます。

食事や運動も大事ですが、ダイエット成功の秘訣は「睡眠」にあり。効率よくやせるために、あなたも睡眠を見直してみませんか?

プロフィール

医療ライター
中出 三重

株式会社エム・シー・プレス勤務(医療ライター・編集者)

*出版社勤務、フリー編集者を経て、企画・編集室/株式会社エム・シー・プレス勤務。

*女性を取り巻く医療と健康、妊娠・出産・育児の他、予防医学、治療医学などを中心に、多くの単行本を企画・編集・執筆。

*楽しく食べること、おいしく飲むことをこよなく愛する。休日の楽しみは公園ごはんと街歩き。