プラスコラム
PLUS COLUMN

【New】更年期からのジワジワ太りの原因は?

更年期に入ってやせにくくなったとか、ジワジワ太ってきた、と感じている人も多いのではないでしょうか。

たいして食べていないのに、なぜやせにくく、太りやすくなってしまったのでしょうか?

 

更年期は太りやすい?

女性の更年期は太りやすい時期だといわれています。

その理由の1つには、女性ホルモンの低下が関係しているようです。

女性ホルモンのエストロゲンは、お肌のハリやみずみずしさを保ったり、骨を丈夫にしてくれたりと、いろいろと女性にうれしい働きをしてくれますが、脂肪を燃焼してエネルギー消費を促す働きもあるそうです。

その女性ホルモンの分泌が低下する更年期からは、脂肪が燃えにくく、脂肪がつきやすくなるといわれています。

 

筋力低下も大きな原因

もう1つは、加齢による筋肉低下から基礎代謝量が減少していることも大きいようです。

ご存知の方も多いかと思いますが、基礎代謝というのは、何もせずにじっとしていても消費される、生命維持のために必要な最小限のエネルギー量のこと。

基礎代謝量は、10代半ばがピークでその後は加齢とともに徐々に落ちていくことが知られています。

筋肉が落ちると、基礎代謝も低下するといわれています。

 

閉経後の肥満は乳がんリスクを上げる

エストロゲンの減少で脂肪がつきやすくなるうえに、加齢とともに代謝も悪くなる……つまり更年期以降は、放っておいてもジワジワと太りやすい条件がそろっているというわけです。

若いころと同じように食べていると、肥満が加速するので要注意。

閉経後の肥満は、生活習慣病を招くだけでなく、乳がんのリスク因子の1つでもあるのです。

日本女性に増え続けている乳がんは、もはや他人事ではすまされなくなっています。

更年期からの健康を守るためにも、適正体重をキープしましょう。

 

筋力アップがダイエットの近道

ところでやせたいからと単純に「食べないでやせるダイエット」は、健康を害するおそれがあるので、気をつけて。

食べないダイエットは、リバウンドの元にもなるともいわれています。

さらに、運動をしないで、食事の量を減らすと筋肉が落ちてしまうそうです。

筋肉が落ちれば、代謝がますます低下。

太りやすい体につながってしまうといいます。

更年期からのダイエットは、栄養バランスを崩さないで、筋力をアップさせることがキーワードのようです。

 

簡単な筋トレや姿勢を正すことから

といっても、スクワットなど簡単な筋トレでオーケーだそうです。

また、ぽっこりおなかや年齢を感じさせる丸い背中は、筋力の低下が原因とか。

正しい姿勢を心がけるだけでも筋肉は鍛えられるといいます。

筋力アップで代謝をあげて、ゆっくり確実にやせて、健康と若々しい体型を手に入れませんか?

 

 

<参考図書>

*「更年期障害 これで安心」(小学館:堀口雅子監修)

プロフィール

医療ライター
中出 三重

株式会社エム・シー・プレス勤務(医療ライター・編集者)

*出版社勤務、フリー編集者を経て、企画・編集室/株式会社エム・シー・プレス勤務。

*女性を取り巻く医療と健康、妊娠・出産・育児の他、予防医学、治療医学などを中心に、多くの単行本を企画・編集・執筆。

*楽しく食べること、おいしく飲むことをこよなく愛する。休日の楽しみは公園ごはんと街歩き。