• お問い合わせ
  • 文字サイズsml

健康診断を知る
CHECKUP GUIDE

婦人科の超音波検査女性特有の検査

検査名称

経腹(けいふく)超音波、経膣(けいちつ)超音波

どんなときに受ける?

婦人科の診察や検診には欠かせない基本の検査です。
20歳ころから1~2年に1回は検査を受けましょう。

どんな検査?

超音波を体にあてて、はね返ってくるエコー(反射波)を画像化して、子宮や卵巣などの臓器の状態を調べる検査です。患者さんは、画像をみながら、医師の説明を聞くことができます。

検査の方法は?

超音波を発するプローブ(探触子)をおなかの上から当てる経腹(けいふく)法と、指の太さほどのプローブを直接腟内に入れて行う経腟(けいちつ)法があります。
経腹法は、排尿をがまんして膀胱に尿をためておかないと、その後ろにある子宮がはっきりとみえません。
一方、経腟法では観察したい臓器(子宮、卵巣、卵管)までの距離が近いので、より鮮明に子宮や卵巣の状態を観察できます。経腟法は、ふつう内診に続けて、内診台の上で行われます。性経験のない女性は、経直腸(肛門からプローブを挿入する)方法で検査を受けることもできます。

経腹超音波

[経腹超音波検査]

経膣超音波

[経膣超音波検査]

検査で何がわかる?

子宮や卵巣の位置、大きさ、子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)や子宮内膜(しきゅうないまく)の異常、卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)の有無やその種類、妊娠の有無、子宮周囲にたまった腹水や血液の有無、排卵の予想など、たくさんのことがわかります。
また、妊娠中は超音波検査で赤ちゃんのようすをみていきます。レントゲンやCTなどの検査ができない時期ですので、超音波はとても有用な検査です。

ドクターから

ふつう子宮がん検診は、超音波検査は入っていません。今や婦人科の超音波検査は、現代女性に多い子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫(しゅ)など、子宮や卵巣のトラブル・病気を知るのに欠かせません。
超音波機器の発達で、子宮や卵巣の中まで詳しくみられるようになりました。痛みもなく、簡単に安全にでき、自分でもリアルタイムで子宮や卵巣のようすを確かめることができます。安心して検査を受けてください。