プラスコラム
PLUS COLUMN

【New】40歳以上の「なんだか見えにくい」にご用心。 もしかしたら「緑内障」かも!?

最近、ものが見えにくい。なんていうことはありませんか? 

40歳以上の20人に1人がかかるとされる緑内障かもしれません。

 

失明の原因になる身近な病気

緑内障という病気をご存知ですか?

緑内障は、視神経が障がいされて徐々に視野が狭くなる病気です。

実は日本人の中途失明の原因のトップがこの緑内障だといわれています。

自分には関係のない病気だと思う人も多いかもしれません。

しかし大規模な調査で、40歳以上の20人に1人がかかるという報告があり、身近な病気であることがわかってきました。

決して他人ごととはいえないようです。

 

自分では気づきにくい病気

緑内障には、急性緑内障と慢性緑内障があるそうです。

急性の場合は突然目の痛みや頭痛、吐き気などがあらわれるようですが、慢性の場合は、これといった自覚症状もなくゆっくりと進行するといいます。

典型的な症状に、視野の一部が見えなくなる視野欠損があるそうです。しかし、片方の目に視野欠損が起こっても、もう一方の目がカバーするために、なかなか気づきにくいといわれています。

まして40歳以上になれば老眼もでてきます。

「なんとなく見えづらい」「視野がぼやける」といった症状は加齢のせいかも、と思っていたら、緑内障であることも少なくないようです。

先に紹介した大規模調査でも、調査で発見された緑内障の人の9割以上が未受診だったそうなのです。

 

早期発見は、眼科の定期検診が重要

緑内障の早期発見・治療のカギを握るのが、定期的な眼科検診。

専門家は、目に異常を感じなくても、40歳を過ぎたら、眼底検査や眼圧検査、視野検査など年に1回は定期的に眼科検診を受けるように呼びかけています。

職場健診では、視力検査は行われていても、緑内障の診断に必要な「眼圧検査」や「眼底検査」は任意扱いであることも多いようです。

視力検査を受けたから大丈夫、と思わないで、積極的に眼科で定期検診を受けることをおすすめします。

 

<参考図書>

*「家庭医学大事典」(小学館)

 

<参考URL>

*「緑内障」(日本緑内障学会)

http://www.nichigan.or.jp/public/disease/ryokunai_ryokunai.jsp

 

*「目の病気 緑内障」(日本眼科学会)

http://www.nichigan.or.jp/public/disease/ryokunai_ryokunai.jsp

プロフィール

医療ライター
中出 三重

株式会社エム・シー・プレス勤務(医療ライター・編集者)

*出版社勤務、フリー編集者を経て、企画・編集室/株式会社エム・シー・プレス勤務。

*女性を取り巻く医療と健康、妊娠・出産・育児の他、予防医学、治療医学などを中心に、多くの単行本を企画・編集・執筆。

*楽しく食べること、おいしく飲むことをこよなく愛する。休日の楽しみは公園ごはんと街歩き。