• お問い合わせ
  • 文字サイズsml

病気・トラブル辞典
SICKNESS & TROUBLE DICTIONARY

急性腹膜炎
[きゅうせいふくまくえん] 体の病気 消化器(胃・腸)・肛門

受診するなら

消化器科、内科

腹膜は、胃や腸、肝臓、膵臓など、腹部の臓器を包んでいる膜です。
この腹膜に急速に炎症が起こったものです。

症状

炎症が腹膜の一部にとどまっていれば、部分的な腹痛と圧痛(押すと強く痛む)が主症状です。
炎症が腹部全体に広がると腹部全体が痛み、発熱、瀕脈、吐き気、おう吐、腹部のはれなどがみられます。意識がもうろうとしたりショック状態に陥ることもあります。

原因

虫垂炎腸閉塞急性膵炎胆のう炎などの病気がきっかけになったり、消化器に穴があいて(穿孔)内容物が漏れ、炎症を起こすこともあります。
また、女性は、卵巣炎や子宮内膜症、流産などがもとで腹膜炎を起こすことがあります。
人工妊娠中絶がきっかけで起こることがあります。

治療

入院して絶対安静を保ち、点滴での栄養補給や抗生物質を使用して全身状態を改善します。
軽症の場合は、これで改善することもありますが、多くの場合、手術を行い、原因となっている病気の治療をしたり、穴をふさいだります。