• お問い合わせ
  • 文字サイズsml

病気・トラブル辞典
SICKNESS & TROUBLE DICTIONARY

原発性無月経
[げんぱつせいむげっけい] 女性特有の病気 月経の異常

受診するなら

婦人科、女性外来

18歳になっても一度も月経がみられない状態です。

症状

生まれてから18歳をすぎるまで、月経がない状態が続きます。

原因

染色体の異常によって卵巣などの発育不全が起こっているのがもっとも多いケースです。
ほかには、副腎(ふくじん)の異常のために男性化が起こっている場合、先天的に腟や子宮がない場合、処女膜や腟が閉鎖しているために月経は起こっているのに出血しない場合などがあります。
また、脳や甲状腺機能に障害があったり、糖尿病などの全身的な病気が原因のこともあります。

治療

まず、染色体に異常がないかを調べます。染色体の異常による卵巣の発育不全が原因の場合は、排卵を起こすことはできませんが、女性ホルモンを投与し、内外性器の老化や骨粗しょう症(こつそしょうしょう)になるのを防ぎます。
染色体に異常がない場合は、排卵誘発剤(はいらんゆうはつざい)や性ステロイド、女性ホルモンを投与します。
腟や処女膜が閉鎖している場合は、経血が流れる経路を手術でつくります。