プラスコラム
PLUS COLUMN

肩こりの原因は、あなたのその「ファッション」かも?

つらい頭痛やめまい、目の不調を引き起こし、オフィスワークの妨げになる肩こり。その原因として意外と見落としがちなのは、普段着ている服や下着などの存在です。「あらゆる肩こり対策を試しても改善しない……」とお悩みの方は、一度、日頃のファッションを振り返ってみてはいかがでしょうか?

 

【肩こりファッションその1】 血流を悪化させるファッション

肩こりを感じる筋肉が緊張状態に陥ると、血流が滞りやすくなります。すると、栄養や酸素が行き渡らなくなり、不健康な筋肉内には「痛み」の物質が発生。その痛みがまた筋肉を緊張させ、肩こりから抜け出せない悪循環に悩むことに……。

 

血流の滞りにつながるファッションとはどのようなものか、いくつか例を挙げてみましょう。

 

1.肩まわりにゆとりがないデザインの服

ボディラインがハッキリわかるタイトなデザインの服は、着こなせるととても魅力的です。ただ、その際に気を付けたいポイントは「動きやすさ」。窮屈さが生む不快感は緊張状態を引き起こしやすく、またピッタリとした感覚が好きという人でも、可動範囲が狭まることで体を大きく動かさなくなりがちです。特に腕の動かしにくさは、肩まわりや背中の筋肉の血流を滞らせ、肩こり悪化につながる可能性があります。

2.首の辺りが不快に感じるネックレス

ネックレスのデザインによっては、首の辺りに違和感やずっしりとした重みを感じることがあります。肩こりの人は、少しの重みや首元に触れる感覚が不快感につながるケースも。ネックレスをつける際は「身に着けていることを忘れる」程度のものが理想的です。

3.ずっしりと重みのある服

コートやセーターの中にはずっしりと重く感じるものがあります。脱いだときにふわっと体がラクになるような服は、自分で思っているよりも肩に大きな負荷がかかっていたからだと考えられます。また、ワンピースもデザインによっては同様に感じる人もいますので、素材やデザインなどを意識して選びましょう。

4.サイズの合わないブラジャー

服装を変えても改善されない場合、ブラジャーが体に合っていないのかもしれません。アンダーでの締め付け、ストラップの食い込みなど、サイズの合わないブラジャーは血行不良を招くことがあります。また、ホックの留め金が背中にきつく当たり続けることで、その付近の筋肉が緊張を起こし、部分的に痛みを生じるケースも。これは姿勢が悪くなる要因にもなるため、要注意です。

5.カバンの持ち方

カバンを手に持つ・肩にかける際は「いつも右側」というように、負荷をかける側が決まっている人も多いのではないでしょうか。酷使される筋肉に偏りが生じると、姿勢が悪くなり、そのしわ寄せが肩こりを引き起こすことになります。また、カバンの肩ひもが当たる部分が、凝った筋肉への刺激となり、痛みや頭痛、吐き気につながることも。リュックを使う場合も、両肩にかかる負荷が均等になるよう、ベルトの長さや当たり具合などの調整が必要です。

6.ハイヒール

足元も肩こりと無関係ではありません。選ぶ靴の影響は姿勢にあらわれ、筋肉に負担をかけている可能性があります。特に女性はハイヒールを履く人も多いと思いますが、踵の高さや、歩行の際に足首が安定しているかどうかに注意してみてください。選ぶ靴によっては、体にとって理想的な重心線からズレた姿勢になってしまい、それが背中や頚部の筋肉疲労につながる可能性もあります。

 

【肩こりファッションその2】 「冷え」につながるファッション

 

首元がスースー涼しく感じたり、ぞくぞくと寒さを感じたりすると、肩に力が入り、身を縮こまらせる姿勢をとっていることがあります。首は特に冷えを感じやすいため、肩こりが気になる方はなるべく首元が隠れる服装を選ぶのが良いでしょう。オフィスで着る機会も多い、以下の服装に潜む注意点をご紹介します。

 

1.襟が大きく開いた服

「首元をスッキリ軽くさせたい」という気持ちから首・肩回りが広く開いた服を選ぶ人も多いでしょう。しかし、過ごす環境によっては、首元を冷やすことによる筋肉の緊張がさらなる肩こりを招く結果に。頻繁に肩から服がずり落ちそうになるデザインの服は、ずり落ちないように体に余計な力が入るため、リラックスできず姿勢も安定しなくなるので要注意です。

2.ノースリーブ

動きやすく汗ジミもできないノースリーブ。夏は定番アイテムだったかもしれませんね。ノースリーブの注意点は、肩まわりを冷やしすぎないようにすることです。汗をかいた状態でヒンヤリとした部屋で過ごしたり、直接冷房の風にあたり続けたりしていると、過度な冷えから血流が悪くなってしまうおそれがあります。冷えは自律神経の乱れの要因にもなり、肩こり以外にも体調に悪い影響を与えがちです。冷房を使う場合は、外気温と室温の温度差を5度程度にするのが目安です。

 

【まとめ】 肩こり解消を目指すなら、ファッションのココに注意したい!

1.窮屈を避け、体を動かしやすい服装にしましょう                                    

「服のサイズが小さいかな?」と違和感があったら、より着心地がよく「動きやすい」と感じるサイズに変えてみましょう。両腕を天井方向へ挙げたり、大きく腕の付け根から腕を回してみたりと、実際に動いてみて肩まわりのゆとりを確認します。ブラジャーのサイズもときどき確認しましょう。

2.軽い素材の服を選びましょう

肩にずっしり重みを感じる素材の服は避けます。コートなどのアウターはダウンやフリースのような、軽くて暖かいものが良いでしょう。薄手のものを選び、窮屈にならないように重ね着で暖かくする方法もあります。手間なくすぐに脱ぎ着できるようにすればなお良いでしょう。

3.付け心地が良いアクセサリー選びを

特に肩こりがつらいときのネックレスは、付けていることを忘れる程度のものを選びましょう。ブレスレットも重いものを付けると、腕がだるくなり肩こりが悪化することがあります。

4.スカーフやマフラーで首元を温めましょう

首元を冷やさないようにスカーフやマフラー、ストールで保温をしましょう。このとき、首から肩にかけて重みや不快感が無いよう、軽めのものを選ぶのがポイント。冷えが心配な場合は、温熱シートやホットパックなどで首の後ろ側を温めてからスカーフを巻くと、血流が変化して肩こりがラクになることも。

5.姿勢バランスが崩れない靴を選びましょう

足元が不安定になり、姿勢バランスが悪くならないよう、普段履くヒールは高すぎず2~3cmくらいにとどめておきたいところです。パンプスやサンダルは、踵がパカパカと浮かないようにストラップ付きのものを選ぶと安定します。足指が動かしづらい窮屈な靴はおすすめできません。

6.カバンの持ち方は「左右均等」に

肩掛けカバンは左右の肩にかけ替える、手提げカバンは持ち替えるようにして、体が一方に傾いて首や肩まわりの筋緊張が強まらないようにしましょう。肩に当たる部分はパッドがついたものがラクに感じます。リュックはベルトや背面にクッション性があり、ラクに背負えるものを選びましょう。ベルトの位置によっても肩へのずっしり感が変わりますので、長さ調整も忘れずに。

 

 

自分の体と相談しながら、健康的におしゃれを楽しみましょう!

 

 

【プロフィール】

檜垣 曉子(ひがき あきこ)

カイロプラクティック理学士、日本カイロプラクターズ協会(JAC)正会員。

横浜市にある「あきカイロプラクティック治療室」の副院長として、日々、肩こりや腰痛を始めとする不調を訴える方々の施術に当たっている。

著書:『健康図解 今すぐできる! 肩こり・首痛を治す32のルール』(学研プラス)など