プラスコラム
PLUS COLUMN

【NEW】ひねって絞って、腰回りの肉をすっきり!

加齢のせいにして腰回りの余分なお肉を放置しないで

普段の生活であまり使わない筋肉のまわりは、どんどん余分なお肉がたまってしまいます。その代表的な部位といえば、腰回りですよね。

 

とくに女性は、年齢を追うごとに腰回りに余分なお肉がつきやすくなってしまいます。だからと言って諦めて放置してないでください。毎日のちょっとした努力で、腰回りすっきりも夢ではなくなるはずです。

 

今回は、ひねって絞って行う腰回りを効率的にスッキリする2ステップエクササイズをご紹介したいと思います。

 

そもそもどうして腰回りにお肉がつくの?

30代を超えて来たあたりから、特に生活スタイルが変わった訳でもないのに、急激に腰回りに余分なお肉がついてきた、と感じる方は少なくないのではないでしょうか?私もその一人です。

 

年齢を追うごとに毎日決まった動きしかしなくなりがちで、単純に運動不足に陥るケースが感がられます。座っている事が多くなる事で、大きく身体をひねるという動きが少なくなります。それによって、腰回りの筋肉がうまく機能しなくなり、こわばり筋となってしまうのです。

 

ですから、こわばり筋を解消してしっかり腰回りの筋肉を使えるようにしてあげれば、余分な腰回りのお肉の改善につながっていくはずなのです。

今回も2ステップエクササイズで、しっかり身体をひねってこわばり筋を解消し、筋肉を使える状態にしてからしっかりビューティー筋を刺激して引き締めて腰回りのもたつきを解消しましょう。

 

ひねって絞って腰回りすっきり!簡単2ステップエクササイズ

<ステップ1>
ひねる毎に10秒静止

 

1. 肩幅に脚を広げ、両膝をつきます。手は頭の後ろでしっかり両腕を広げます。

 

 

2. お腹回りをひねる事を意識しながら、右側に軽くひねります。

 

 

3. 身体をひねったままで右側に身体を倒し左の体側をしっかり伸ばし10秒静止します。10秒静止したら、2のポジションに戻り、2よりさらにひねった状態で左の体側を伸ばします。これを3度ほど繰り返します。

反対側も同じように行います。

 

 

<ステップ2>
左右10回ずつ2セット

 

1. 腕は床に対して垂直になるようにし、頭の先から足先まで一直線になるようにします。足は写真のように小さくクロスするようにします。

 

 

2. 横腹を持ち上げるように天井に向けて腰をあげます。これを繰り返します。反対側も同じように行います。

 

 

※回数や秒数はあくまでも目標であり、目安です。無理をせず、ご自分の体調と、筋力にあった秒数や回数で行いましょう。

 

ひねって絞って、腰回りの肉をすっきりさせる方法は以上です。

 

効率的に腰回りをすっきりさせて、腰回りのお肉を気にせずに、好きなお洋服が着られると嬉しいですね。是非、挑戦してみてくださいね。

 

 

執筆者:大西 ひとみ

2018年02月26日 All Aboutにて掲載

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。

関連キーワード